骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

甲冑の買取致します!骨董品屋さんが甲冑を着てみた

 

広島・岡山で骨董品の出張買取・LINE査定なら
新古美術文大の谷辺です。

 

最近ではYotubeやブログを頑張っているおかげで
骨董品の買取依頼が増えておりますが、

 

その中でも

 

武具・甲冑【かっちゅう】

 

の買取も増えております。

 

しかしながら甲冑を扱いながら
自分では来たことが無いと思い、

 

より商品知識を付けるために

 

甲冑を着てみました!

 

今回来てみた甲冑はこちら

 

甲冑買取り

 

当世具足【とうせいぐそく】

日本の甲冑の分類名称の一つ。
鉄砲伝来や戦闘の大規模化による武器と戦術の進歩、
南蛮貿易などによる西洋甲冑の影響などの要因により、
室町時代後期の戦国時代から安土桃山時代に生じた甲冑の一形式。

wikipediaより)

 

当世とは現代という意味で
当時としては新しい形の甲冑だったので
そのような呼び名が付いたのだと思われます。

 

ただ、今日着てみる甲冑はレプリカなので
最近作られた物です。

 

江戸時代とか古いものだと
紐の部分や布の部分が傷んでいるので
とても着られるものではありません・・・

 

甲冑買取り

↑安田君に手伝ってもらわないと1人では着られません

 

 

昔の人は痩せていたからでしょうか・・・

 

お腹が邪魔になって結構胴の部分がキツイです。

 

 

ということで甲冑を着てみた動画をご覧ください

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

着てみた感想としては

 

昔の人はこれを着てよく戦ったり
長距離を歩いたなと感心しました。

 

豊臣秀吉の中国大返しなんて
岡山から京都まで甲冑を着て
10日間で移動したなんて信じられない

 

暑い
猫背には向いていない
かゆいところが掻けない

 

など

 

あまり良い着心地ではなかったですが

 

良かった部分としては
ちゃんと守られているなぁという感じはしました。

 

新古美術文大では
甲冑の買取もしております。

 

福山市はもちろん

 

中国地方(広島・岡山・山口・鳥取・島根)
四国地方(愛媛・香川・徳島・高知)

 

の方は出張買取も致しますので
一度ぜひお問い合わせくださいませ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP