骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

アンティークカメラの買取も致します!昭和のフィルムカメラのご紹介!

 

広島を拠点に
アンティークカメラや骨董品の買取をしております

 

新古美術文大の谷辺です。

 

当社があります広島県、
コロナの緊急事態宣言が解消されまして

 

徐々にですが日常を取り戻してきた感がございます。

 

まだ学校などは始まっておりませんが
早く終息に向かって世の中が明るくなればいいなぁと思います。

 

ちょっとドライブに出かけて
家族で写真でも撮りたいですよね。

 

さて、今回ご紹介させていただくものはこちら

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

アンティークカメラ

 

アサヒペンタックスのカメラ

 

でございます。

 

PENTAXはブランド名で
日本のリコー(RICHO)という会社が作っていますね。

 

日本初の一眼レフカメラを作ったり
世界初のフラッシュ内蔵オートフォーカスカメラを作ったり
カメラ界では一目置かれる存在です。

 

で、今回はカメラの紹介ではなくて

 

このような昭和の香り漂う
アンティークカメラについてです。

 

当然、昭和に製造なので

 

フィルムカメラです。

 

若い人はご存知ないかもしれませんが、

 

昔、カメラはフィルムを入れて
全部撮り終わったら

 

カメラ屋さんに持って行って現像してもらっていました。

 

スマホでパシャリの今では考えられませんが

 

写真を現像するまでは
どんな写真が撮れているか分からなかった時代があるんです。

 

そんな時代のフィルムカメラは
現在でも愛好家の方がたくさんいて

 

当時高くて買えなかったとか
昔使っていたのを懐かしくて再び買い求める

 

なんてことがあって

 

人気のあるものだと結構高値で売れたりします。

 

中にはカメラが壊れているけど
部品を取るためだけのものに
ウン万円と値がついたりします。

 

ということで詳しくは動画でそうぞ

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

いや~懐かしい昭和のフィルムカメラ
今のカメラとは違い味があっていいですね。

 

当社ではカメラのオーバーホール(修理)とは言わないまでも

 

簡単な整備や部品交換はできますので

 

そういえば実家にあったあのカメラは売れるかしら・・・・

 

と心当たりがあったら是非鑑定買取をご依頼くださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です