骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

明珍宗之の自在置物をご紹介!

 

広島県を拠点に中四国で骨董品の
出張鑑定・買取をしております

 

新古美術文大の谷辺です。

 

こちらのコーナーでは
お客様から買取をさせていただいた商品のご紹介をしております。

 

今回ご紹介させていただくのはこちら

↓  ↓  ↓  ↓

甲冑自在

 

海老!エビ!

 

海老なんですがこちらは
銅で作られた海老

 

甲冑師が甲冑を作る技術を応用して作る

 

自在置物(じざいおきもの)

 

というものです

 

ということで用語解説

 

========

 

自在置物

日本の金属工芸の一分野。鉄や銅、銀、赤銅(金と銅の合金)、四分一(銀と銅の合金)などの金属板を素材として、龍、蛇、鳥、伊勢海老、海老、蟹、蝶といった動物の模型を写実的に作るのみならず、それらの体節・関節の部分を本物通りに動かすことをも追求し、そのための複雑な仕組みを内部に施すのが大きな特徴である。(wikipediaより)

 

明珍宗之(みょうちんむねゆき)

平安時代から続く甲冑師の一族

 

甲冑(かっちゅう)

鎧と兜からなる武具

 

=========

 

では動画で明珍宗之の自在置物海老をどうぞ

↓  ↓  ↓

 

本当に精巧な作りの伊勢海老です。

 

銅で作られていて
美しいんですが、
その中にもコミカルな部分があって可愛いですね。

 

こういった感じで
文大では銅や銀や鉄の工芸品の買取もしております。

 

おじいちゃんが棚に飾っていたアレ、
ひょっとしたら高価なものじゃないかしら?

 

そう思われたらぜひ文大までお問い合わせください。

 

出張鑑定・買取にお伺いさせていただきます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です