骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

備前焼の買取も致します!古備前 布袋像をご紹介

備前焼買取

 

広島を拠点に骨董品・備前焼の買取
新古美術文大の谷辺です。

 

オリンピックが延期になってしまいましたね。
しょうがないとは思いつつも少し残念です。

 

さて、こちらのブログでは
お客様から買取させていただいた
骨董品やアンティーク雑貨などを紹介しておりますが

 

ここ最近は日本の骨董品らしい骨董品を紹介していなかったので

 

今回ご紹介させていただく商品は基本に戻りまして日本の骨董品

↓  ↓  ↓

備前焼

 

備前焼【びぜんやき】でございます!

 

こちらは江戸時代末期に作られた
古備前の布袋(ほてい)像で

 

お客様のお宅で拝見した時
あまりの愛らしいフォルムに一目ぼれしてしまって

 

お願いをして譲っていただいたものです。

 

では、動画の前に用語解説

 

=======

 

備前焼(びぜんやき)

岡山県備前市周辺を産地とする炻器。日本六古窯の一つに数えられる。
wikipediaより)

 

布袋(ほてい)

中国,唐末頃の僧。明州奉化県の出身。みずから契此 (かいし) と称した。
常に杖と布袋とを持歩き,
人の吉凶,晴雨を予知し,弥勒菩薩の化身として尊崇された。
日本では七福神の1つとされる。

コトバンクより)

 

========

 

それでは七福神の1つ布袋様の備前焼をどうぞ

 

ね、何とも言えん愛くるしさですよね!

 

飾っていただいて
ほんわかした気分になってくださいね!

 

備前焼は岡山県備前市が産地ということで、
岡山県・広島県では多く眠っています。

 

特に江戸時代以前のものなどで
状態の良いものでしたら結構な高額になることもございます。

 

あれ、そういえばおばあちゃんが持っていた
壺は備前焼って言っていたな・・・

 

といった心当たりがございましたら

 

ぜひ文大まで出張鑑定買取をご依頼くださいませ!

 

岡山県はもちろん
広島や鳥取島根にもお伺いしますよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です