骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ・遺品整理等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

岡山県玉島市のお客様より古家具類の買取①

こんにちは。新古美術文大の谷辺です。
今日は先日、岡山県の玉島市のお客様より
お買取した家具類をご紹介いたします。

 

先ずは、屋久杉の茶箪笥

屋久杉とは…Wikipedia参照

屋久杉(やくすぎ)は、屋久島の標高500メートル以上の
山地に自生するスギ。
狭義には、このうち樹齢1000年以上のものを指し
樹齢1000年未満のものは「小杉(こすぎ)」と呼ぶ[1]
また屋久島で植林された杉を「地杉(じすぎ)」と呼ぶが、
樹齢100年以内の小杉を指す語としても用いられる。
こう使い分けて呼ぶのは主に地元で、
昔から生活に密着した材料だったためである。
工芸品でも有名とされる。

 

屋久杉の茶箪笥は非常に希少で高価です。
いまや、伐採をしていないのでこのような商品を
作ることはできません。

 

しかし、一方では茶箪笥や飾り棚のブームが
去ってしまい、ニーズが下がっている一方でも
ありますので、こういう商品は今のうちに、
手放すのがチャンスだと思います。

 

ちなみにこちらも屋久杉です。
屋久杉の着物箪笥です。

 

このように茶箪笥や着物箪笥などは、
ニーズがどんどんなくなっています。
簡単に言うと、自身が不要になっているものって、
他人も不要に感じる可能性が高いということです。
ですので、今はまだニーズがありますので、
早めに手放すことをお勧めいたします。

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

084-982-7778PAGE TOP