骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ・遺品整理等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

岡山県倉敷市のお客様より李朝座卓の買取

こんにちは。鑑定士の谷辺です。

本日は倉敷市のお客様よりお譲り頂いた、
李朝の座卓の紹介です。

 

李朝中期~後期 螺鈿鼈甲鮫皮象嵌龍紋座卓

 

李朝の座卓らしく、螺鈿や鼈甲、鮫皮をふんだんに使った、
座卓は唐物(中国)とは違う美しさですね。

 

李朝とは…Wikipedia参照

李氏朝鮮(りしちょうせん)は、
1392年から1897年(大韓帝国として1910年まで存続)にかけて
朝鮮半島に存在した国家。王朝名としては李朝(りちょう)。
「李氏朝鮮」は「李家支配下の朝鮮」の意味であり、
過去に「朝鮮」の国号を使用した箕子朝鮮や衛氏朝鮮などとの区別のため呼称される。
大韓民国では「朝鮮王朝」(朝鮮語: 조선왕조)とも呼ばれ、
近年の日本でも同様に呼称する場合がある。
なお、北朝鮮では朝鮮封建王朝조선봉건왕조)と呼ばれる。
李朝は歴史の順番によって高麗の次の王朝にあたり、
朝鮮民族国家の最後の王朝で、
現在までのところ朝鮮半島における最後の統一国家である。

 

お譲り頂いた当人は昔からある汚い机(笑)と言ってましたが、
金額を聞いて驚いていました(笑)

 

かわりに、ご本人が購入された紫檀の座卓は、
残念ながら買取不可を伝えると、更に驚いてました(笑)

 

そうなんです。30~50年くらいの間に購入された、
一般的な座卓はなかなか金額がつかずお断りするんですが、
更に古い中国の座卓や李朝は買取ができるんです。

 

今回のお客様は結果的には大喜びでお譲り頂いたので、
良かったです(^^♪

 

当店は、他店と比較しても大きな家具類も多く扱っております。
もし、昔からある家具類があれば是非ご相談ください。

 

最後までお読み頂き、有難う御座いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

084-982-7778PAGE TOP