広島・岡山・山口・島根・鳥取・香川・愛媛・高知・徳島 中四国地方の骨董品出張買取いたします。他社でお見積りされた骨董品もご依頼ください
TEL:084-982-7778
営業時間 10:00~19:00
TEL:084-982-7778

李朝座卓(りちょうざたく)~岡山県倉敷市のお客様よりお買取り~

李朝座卓

 

骨董品の出張買取なら
新古美術文大の谷辺です。

 

骨董品の買取で
連日中国・四国地方を飛び回っております。

 

なぜ新古美術文大には買取依頼が多く入るのか?

 

簡単に言うと、
他社より高価買取できるからです。

 

なぜ高価買取できるのかはホームページを見てくださいね。

 

ということで、

 

本日は岡山県倉敷市のお客様よりお譲り頂いた、
李朝の座卓の紹介です。

 

 

李朝中期~後期 螺鈿鼈甲鮫皮象嵌龍紋座卓

 

 

李朝の座卓らしく、螺鈿や鼈甲、鮫皮をふんだんに使った、
座卓は唐物(中国)とは違う美しさですね。

 

では用語解説です

 

======

 

李朝(りちょう)

李氏朝鮮(りしちょうせん)の王朝名。
1392年~1897年にかけて朝鮮半島に存在した国家

 

螺鈿(らでん)

貝殻の内側の真珠色に輝く部分を加工して
漆器などに埋め込んだ装飾のこと

鼈甲(べっこう)

タイマイ(ウミガメの一種)の甲羅の加工品

 

鮫皮(さめかわ)

サメの皮を乾かしたもの。
刀の鞘や柄を巻く装飾に使用される

 

=====

 

お譲り頂いたお客様は

 

昔からある汚い机

 

とおっしゃっていましたが

 

こちらの買取金額を聞かれて大変驚かれていました。

 

これとは他にもう1つ
お客様より紫檀の座卓(お客様が購入されたもの)を
査定いたしましたが、

 

それはちょっと値段が付かなかった(悪い意味で)ので
お買取りはできなかったんです。

 

お買取りできないことをお伝えするとさらに驚かれていました・・・

 

30~50年くらいの間に購入された、
一般的な座卓はなかなか金額がつかずお断りするんですが、

 

古い中国の座卓や李朝は買取ができるんです。

 

状態によっては結構な金額で。

 

今回のお客様は買取できないものもあったけれども
結果的には大喜びでお譲り頂いたので、良かったです

 

当店は、昔からある大きな家具類もお買取りさせていただきます。

 

ものすごく古いんだけど
何か雰囲気があって高く売れそうだな

というものがございましたら
ぜひぜひお問い合わせくださいませ!

 

その際にはまずはLINE査定をご利用くださいませ。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP