骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ・遺品整理等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

相続で骨董品の鑑定が必要!という時にはお任せください!

相続骨董品鑑定

 

骨董品の出張買取&LINE査定なら
新古美術文大の谷辺です。

 

毎日骨董品の買取依頼を受けていると

 

たま~にお客様からお問い合わせをいただきます

 

骨董品の税金について

 

こちらのブログを書いているのは
1月21日・・・

 

確定申告の時期ももうすぐ
ということで骨董品の税金について書いてみます。

 

まずは、骨董品や美術品を売った時に発生する税金としては

 

①所得税

②相続税

 

がございます。

 

①所得税には

 

骨董品の30万円ボーダー

 

 

というのがあって

 

売った時に1点30万円未満であれば
所得税はかかりません

 

1点30万円を超えると
譲渡所得として所得税がかかります。

 

ただ、実際には
経費や特別控除などを踏まえた
複雑な計算をしますので

 

そのあたりは

 

国税庁のホームページを見てください

 

 

次に相続税

 

相続税は相続財産が3,600万円以上ある場合には発生します

 

ただ、骨董品のみで3,600万円いくことは滅多にないので

 

骨董品と建物や土地などを合わせて3,600万円以上あれば
相続税が発生します。

 

 

骨董品は相続の時は買った時の金額でなく
今現在の価値を申告する必要があります。

 

私たちも税理士や弁護士など
士業の方に同行して
骨董品の鑑定に伺うこともあります。

 

その際には鑑定書を発行して
今の価値を知って頂きます。

 

もし、相続案件で
骨董品を鑑定して欲しいなどございましたら

 

ぜひ文大までご一報くださいませ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

084-982-7778PAGE TOP