福山市を拠点に香川・岡山・広島・山口・島根・鳥取・愛媛・高知・徳島 骨董品、絵画、アンティークなど出張買取いたします。他社でお見積りされた骨董品もご依頼ください
TEL:0120-510-831
営業時間 10:00~19:00
TEL:0120-510-831

相続で骨董品の鑑定が必要!という時にはお任せください!

相続骨董品鑑定

 

骨董品の出張買取&LINE査定なら
新古美術文大の谷辺です。

 

毎日骨董品の買取依頼を受けていると

 

たま~にお客様からお問い合わせをいただきます

 

骨董品の税金について

 

こちらのブログを書いているのは
1月21日・・・

 

確定申告の時期ももうすぐ
ということで骨董品の税金について書いてみます。

 

まずは、骨董品や美術品を売った時に発生する税金としては

 

①所得税

②相続税

 

がございます。

 

①所得税には

 

骨董品の30万円ボーダー

 

 

というのがあって

 

売った時に1点30万円未満であれば
所得税はかかりません

 

1点30万円を超えると
譲渡所得として所得税がかかります。

 

ただ、実際には
経費や特別控除などを踏まえた
複雑な計算をしますので

 

そのあたりは

 

国税庁のホームページを見てください

 

 

次に相続税

 

相続税は相続財産が3,600万円以上ある場合には発生します

 

ただ、骨董品のみで3,600万円いくことは滅多にないので

 

骨董品と建物や土地などを合わせて3,600万円以上あれば
相続税が発生します。

 

 

骨董品は相続の時は買った時の金額でなく
今現在の価値を申告する必要があります。

 

私たちも税理士や弁護士など
士業の方に同行して
骨董品の鑑定に伺うこともあります。

 

その際には鑑定書を発行して
今の価値を知って頂きます。

 

もし、相続案件で
骨董品を鑑定して欲しいなどございましたら

 

ぜひ文大までご一報くださいませ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP