福山市を拠点に岡山・広島・山口・島根・鳥取・香川・愛媛・高知・徳島 骨董品、絵画、アンティークなど出張買取いたします。他社でお見積りされた骨董品もご依頼ください
TEL:084-982-7778
営業時間 10:00~19:00
TEL:084-982-7778

不動産 骨董品 買取

骨董品美術品相続

骨董品相続

相続に携わる士業(弁護士・司法書士・行政書士・税理士など)の皆様、
相続の際の骨董品・美術品の取り扱いでお困りではありませんか?
新古美術文大では時価評価報告書の作成を致します!

相続骨董品鑑定

 

絵画や骨董品などの美術品は、不動産や金融資産、固定資産に比べてその評価が分かりにくい資産です。そのため国税庁では、販売業者以外が所有する骨董品や美術品を評価する場合には「売買定例価額」「精通者意見価額」などを参考にすることを義務付けています。精通者とは、古美術商や鑑定士の在籍する専門店などのことです。
新古美術文大は精通者に当たりますので、相続税評価の際、税務署に直接提出できる時価評価報告書を作成することができます。

 

時価評価書の作成料金

 

時価評価書の作成手数料 骨董品・美術品の評価額の3%(書類作成料・美術品査定料を含む)

※評価額が100万円以下の場合は一律3万円

その他費用 実費交通費

追加調査費用(必要な場合)

 

当社では経験豊富なスタッフが、相続の際の骨董品・美術品の査定を行います。また、自社で骨董品のオークションを開催しているので、骨董品のコンディションやニーズに合った売却や処分方法も提案できます。

 

・美術品の遺産相続で税務申告したい
・生前に贈与を予定しているが現在の価格がわからない
・法人企業所有資産の減損会計
・税務署からの適正価格算出の指導を受けた
・美術品の保険料を見直したので、適正な価格評価が必要になった

 

といった士業の方はぜひ一度、新古美術文大までお問い合わせくださいませ。

骨董品時価評価報告書

残置物の査定

新古美術文大では不動産業・解体業・産廃業向けに
建物の解体現場やマンションの空き部屋に残された物の中から
価値あるものを見つけ出し査定・買取を致します

 

骨董品残置物処理

建物の解体時や一般廃棄物処理をする際に、「これは汚いから・・・」「売ってもお金にならないだろうから・・・」と捨てていませんか?新古美術文大では残置物の査定・買取も行っております。

 

現在日本には”かくれ資産”が総額約37兆177万円が眠っていると言われています。(みんなのかくれ資産調査委員会調べ 主催:株式会社ドリル)

 

かくれ資産とは
1年以上使用しておらず理由なく家庭に保管されているもの=不用品のことです。

 

総額約37兆円となると、1世帯あたり平均70万円のかくれ資産が眠っているという計算となります。つまり、これから解体するつもりの家やリフォーム前の家にもそれだけのかくれ資産が出てくる可能性があるということです。

 

・古い家や蔵の解体をしたいけど中に古道具や家具が残っている
・処分業者に連絡する前に、お金になるものがあるか知りたい
・着物や骨董品が家の中にあるけど高そうだから捨てられない
・買い取った民家をリフォームしたいが、家具類がたくさんある
・閉店した店舗物件の中を見て欲しい

 

鑑定料・査定料・出張料はすべて無料です。当店はグループ会社に買取専門店がございますので、買取できるジャンルが幅広いです。そのため、より多くの残置物をお金に換えることができる可能性が高いので、ぜひ一度ご利用くださいませ。

 

残置物査定

不動産 骨董品 買取

骨董品美術品相続

骨董品相続

相続に携わる士業(弁護士・司法書士・行政書士・税理士など)の皆様、
相続の際の骨董品・美術品の取り扱いでお困りではありませんか?
新古美術文大では時価評価報告書の作成を致します!

相続骨董品鑑定

 

絵画や骨董品などの美術品は、不動産や金融資産、固定資産に比べてその評価が分かりにくい資産です。そのため国税庁では、販売業者以外が所有する骨董品や美術品を評価する場合には「売買定例価額」「精通者意見価額」などを参考にすることを義務付けています。精通者とは、古美術商や鑑定士の在籍する専門店などのことです。
新古美術文大は精通者に当たりますので、相続税評価の際、税務署に直接提出できる時価評価報告書を作成することができます。

 

時価評価書の作成料金

 

時価評価書の作成手数料 骨董品・美術品の評価額の3%(書類作成料・美術品査定料を含む)

※評価額が100万円以下の場合は一律3万円

その他費用 実費交通費

追加調査費用(必要な場合)

 

当社では経験豊富なスタッフが、相続の際の骨董品・美術品の査定を行います。また、自社で骨董品のオークションを開催しているので、骨董品のコンディションやニーズに合った売却や処分方法も提案できます。

 

・美術品の遺産相続で税務申告したい
・生前に贈与を予定しているが現在の価格がわからない
・法人企業所有資産の減損会計
・税務署からの適正価格算出の指導を受けた
・美術品の保険料を見直したので、適正な価格評価が必要になった

 

といった士業の方はぜひ一度、新古美術文大までお問い合わせくださいませ。

骨董品時価評価報告書

残置物の査定

新古美術文大では不動産業・解体業・産廃業向けに
建物の解体現場やマンションの空き部屋に残された物の中から
価値あるものを見つけ出し査定・買取を致します

 

骨董品残置物処理

建物の解体時や一般廃棄物処理をする際に、「これは汚いから・・・」「売ってもお金にならないだろうから・・・」と捨てていませんか?新古美術文大では残置物の査定・買取も行っております。

 

現在日本には”かくれ資産”が総額約37兆177万円が眠っていると言われています。(みんなのかくれ資産調査委員会調べ 主催:株式会社ドリル)

 

かくれ資産とは
1年以上使用しておらず理由なく家庭に保管されているもの=不用品のことです。

 

総額約37兆円となると、1世帯あたり平均70万円のかくれ資産が眠っているという計算となります。つまり、これから解体するつもりの家やリフォーム前の家にもそれだけのかくれ資産が出てくる可能性があるということです。

 

・古い家や蔵の解体をしたいけど中に古道具や家具が残っている
・処分業者に連絡する前に、お金になるものがあるか知りたい
・着物や骨董品が家の中にあるけど高そうだから捨てられない
・買い取った民家をリフォームしたいが、家具類がたくさんある
・閉店した店舗物件の中を見て欲しい

 

鑑定料・査定料・出張料はすべて無料です。当店はグループ会社に買取専門店がございますので、買取できるジャンルが幅広いです。そのため、より多くの残置物をお金に換えることができる可能性が高いので、ぜひ一度ご利用くださいませ。

 

残置物査定

PAGE TOP