骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

掛軸の買取鑑定も致します!岸駒(がんく)の掛け軸をご紹介!

掛軸買取り

広島を拠点に
中四国へ骨董品・掛軸の出張買取!
新古美術文大の谷辺です。

 

コロナも落ち着いたかと思えば
また感染者数が増えているようですね
この先どうなるんでしょう・・・。

 

とは言いつつもここ最近

 

骨董品の出張買取依頼

 

がホームページやブログなどから多く入ってきておりまして

 

「他店より1桁0が多く買い取ってもらえた」

 

とお客様よりお喜びの声を頂いております。

 

他社と相見積もりも全然OKなので
骨董品をどうにかしたいという方はご一報くださいませ。

 

さて、今日ご紹介する商品はこちら

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

掛軸鑑定買取

 

 

掛軸(かけじく)です!

 

ここ近年では
床の間が無いお家も増えてきたので
掛軸を飾るご家庭も少なくなってきましたが、

 

この掛け軸の作者

 

岸駒(がんく)

 

はかなり人気のある絵師です。

 

その人気の秘密は独特の虎の描写

 

京都の清水寺の石灯籠にも
虎を描かれているんですよ。

 

ということで、動画の前に用語解説

 

=======

 

岸駒【がんく】

 

江戸時代中期から後期の絵師。
虎の絵を得意としていた

 

 

八方睨み虎【はっぽうにらみどら】

 

清水寺西門の下にある広場にある石灯籠(いしどうろう)に
岸駒が描いた虎の絵。

どこから見ても虎がにらんでいるように見える。

 

=======

 

今にも掛軸から出てきそうな迫力のある虎が描かれた掛軸

 

では動画をご覧ください

 

 

 

 

いやはや素晴らしい掛軸ですね。

 

このように文大では
掛軸の買取鑑定も致します。

 

掛軸は開かないと
虫に食われたり湿気にやられたりしますので

 

そうなる前にぜひ文大までお問い合わせくださいませ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です