市川周道の香盆

中四国を中心に
骨董品の出張鑑定・買取を行います!
古美術文大の谷辺真一郎です。

 

当社古美術文大(ぶんだい)では
骨董品やアンティークをお客様から買取をしています。

 

お客様から「買取をして欲しい!」

 

とご依頼のあるものの中には

 

ん~値段が付かないですねぇ
というものもあれば

 

おおっこれは!という
高額な買取金額になるものもございます。

 

こちらのコーナーでは後者、
おおっ!これは!という逸品をご紹介させていただきます。

 

第1回目はこちら

↓  ↓  ↓  ↓

 

播磨の天才刳物師(くりものし)
市川周道 香盆です!

 

順を追って説明しましょう。

 

まずは

 

刳物(くりもの)とは?

刀やのみなどを用い、木片をくりぬいて作った器具のことで
播磨(現在の兵庫県あたり)で盛んだった伝統工芸です。

 

そんな播磨の刳物師(くりものし)で
中心的存在だったのが市川周道(いちかわしゅうどう)です。

 

香盆(こうぼん)とは?

香炉などをのせるお盆のことで
茶道の席でよく使われます。

 

 

今回紹介させていただく市川周道の香盆は

 

骨董品買取文大

 

ダルマと払子(ほっす)の図です。

 

 

払子(ほっす)とは

 

仏教の法要の際に僧が威儀を示すために用いる法具

 

wikipediaより)

 

この香盆の魅力は・・・

 

骨董品買取

 

この払子(ほっす)の細かい部分

 

これが天才刳物師市川周道の真骨頂なんですねぇ。

 

骨董品好きにはたまりません!

 

こちらの香盆、詳細は動画で見てみてくださいね

↓  ↓  ↓  ↓

 

このような感じで
当社で買い取りさせていただいた逸品を
シリーズで紹介していきます。

 

うちのおじいちゃんが持っていたアレ
価値のあるものなのかな?

 

そんなお悩みをお持ちの方は
ぜひ文大までお問い合わせくださいませ!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください