茶道具の買取について

 

新古美術文大の谷辺(たにべ)です。

本日よりブログを開始します。

本日はお客様から買取した際の

お話です。

 

茶道具の買取の際によくあるのは、

数寄者(多くの茶道具を所有する人物)

からのお買取りが多いです。

 

数寄者からのお買取の場合は大量の

商品が出てきますので、

大概、複数名でお伺いをさせて頂きます。

そして大量の商品が出てくるため、

トラックや大きなバンでお伺いをします。

 

そして、お客様より情報をお伺いしながら、

商品を仕分けし、一点一点査定をさせて頂きます。

そして、一点一点お客様との対話を重要視しています。

 

なぜなら、お客様の商品に対しての思い入れを

無視したくないからです。

 

購入時の思いや、使用時の思い出などを無視して

買取をしてもお互い良いことには

ならないような気がするんです…。

 

せっかく弊社に大切な商品をお譲りいただくので、

我々も次のお客様にお譲りする際には色々な

エピソード(個人情報やそれに準ずるもの以外)と

一緒にお譲りして、大事にして頂けるお客様に譲りたいと思っています。

 

茶道具などをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、

是非一度査定してみませんか?

 

弊社は広島県福山市を中心に、骨董品、美術品の買取を行っております。

査定だけで大丈夫です。もちろん無料査定です。出張見積も無料です。

 

先ずは一度、不要になった骨董品や美術品、茶道具等御座いましたら、

査定だけでもしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください