骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

骨董品鑑定の必需品!ブラックライトを解説

骨董品ブラックライト

 

骨董品の出張買取&LINE査定なら
新古美術文大の谷辺です。

 

以前にこちらのブログでもご紹介させていただきました

 

私(谷辺)が初出しの骨董品鑑定で
必ず持っていく5つ道具

 

骨董品鑑定の必需品!谷辺の5つ道具をご紹介!

 

あの道具は何?と
骨董品鑑定を始められる業者様よりとお問い合わせをいただいたので

 

今回は少し深堀して

 

 

JAXMANのブラックライト

 

について詳しく書いていこうと思います。

 

 

 

まず、ブラクックライトがなぜ骨董品鑑定で必要なのかというと・・・

 

骨董品鑑定ブラックライト

 

↑この世にブラックライトを当てると

 

茶碗や壺など陶磁器が
割れて修復した部分や傷が光ります。

 

もちろん陶磁器だけでなくて

 

骨董品ブラックライト

 

↑こういった鉄瓶の修復された場所もブラックライトを当てると光ります

 

さらに

 

ウランガラス

 

↑ウランが入ったガラスにブラックライトを当てると光ります

 

 

※ウランが入ったガラスは希少価値が高いです。

 

 

とこんなブラックライトですが、

 

ブラックライトであれば何でも良いわけではなくて

 

こちらのJAXMAN

 

395nm(ナノメートル)以下のブラックライトでないと
上の写真のように光りません

 

なので、JAXMANのブラックライトは谷辺のおすすめなのですね!

 

 

ブラックライトについて解説していいる動画はこちら

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP