骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

岡山へ茶道具の買取!銅瓶をご紹介

 

広島県福山市を拠点に
広島や岡山へも骨董品の出張買取!
新古美術文大の谷辺です。

 

当社のホームタウンは広島県福山市、
地理的に広島県と岡山県の県境にあるので
岡山方面からも骨董品の出張鑑定買取依頼がございます。

 

先日は、岡山のお茶の先生のところへ
出張買取に伺いまして、

 

いろいろ茶道具を見させていただいたんですが、

 

そこでお茶を一服頂いて・・・

 

とても美味しかったんです。

 

でも、茶道具を扱いながら
お作法を全く知らないので
こりゃ勉強しないと・・・と思いました。

 

さて、今回ご紹介させていただくのは茶道具で・・・

 

岡山茶道具買取

 

 

銅瓶【どうびん】です!

 

 

お湯を沸かすものですね。

 

銅瓶は骨董品に興味がない方からすると、
銀瓶や鉄瓶と違い、

 

【やかん】にしか見えないかもしれません

 

でも、これが骨董品的視点で見ると銅瓶なんです。

 

ということで、動画の前に用語解説

 

=====

 

銅瓶【どうびん】

銅製の湯沸かしのこと

 

 

真鍋静良【まなべせいりょう】

1886~1963。岡山の東山在住の金工家

 

 

北村静香【きたむらせいこう】

1904~1976.真鍋静良に師事。
一塊造りという打ち物技法を習得。

 

=======

 

私の見立てでは
岡山の作家さんが作られたのではないかと思われる銅瓶です。

 

では動画をどうぞ

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

今は茶道具が人気で
その中でも

 

煎茶道具が人気です。

 

もちろん抹茶道具もお買取りさせていただきますので

 

そういえばお茶が趣味だったおばあちゃんが
たくさん茶道具を持っていたな・・・

 

という方はぜひお問い合わせくださいませ!

 

出張鑑定&買取にお伺いさせていただきます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP