福山市を拠点に香川・岡山・広島・山口・島根・鳥取・愛媛・高知・徳島 骨董品、絵画、アンティークなど出張買取いたします。他社でお見積りされた骨董品もご依頼ください
TEL:0120-510-831
営業時間 10:00~19:00
TEL:0120-510-831

ガレの買取致します!エミール・ガレの花瓶をご紹介

アンティーク雑貨買取

 

骨董品の出張買取&LINE査定なら
新古美術文大の谷辺です。

 

当店は主に日本の骨董品・中国の古美術品の
買取販売をしておりますが、

 

同じくらいの割合で
ヨーロッパのアンテーク家具や雑貨もお取り扱いしております。

 

今回ご紹介するのは
ヨーロピアンアンティークです。

 

エミールガレ買取

 

エミール・ガレの花瓶です!

 

私の見立てでは
1800年代半ばから1900年初頭にかけて作られた花瓶

 

そんなガラス製の花瓶が

 

2020年の現代でもこんなに美しい良い状態で残っております。

 

ガレの花瓶は百貨店などで購入されますと
ウン百万円することもございます。

 

という素晴らしい商品を紹介する前に
用語の解説

 

======

 

エミール・ガレ

1846年5月4日 ~ 1904年9月23日
アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家
陶器・家具のデザイナー、アートディレクター、企業経営者。
wikipediaより)

 

アール・ヌーヴォー

19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動。「新しい芸術」を意味する。
wikipediaより)

 

エナメル彩

ガラスの粉末を油で溶いたものをガラス表面に付け
低温で焼く技法

 

==========

 

ということで、エミールガレの花瓶のご紹介です

 

100年以上前に作られた物が
船に乗って日本へ来て

 

戦争の時代でも壊れず

 

いまでも美しい花瓶として飾られているなんて思うと
いや~歴史を感じますね。

 

文大では

 

エミールガレはもちろんのこと
ドームナンシーなど

 

ヨーロピアンアンティークも多くお取り扱いしております。

 

おばあちゃんが大切にしていて
床の間に飾っていたあの花瓶って?

 

と思い当たるものがございましたら
遠慮なく文大までお問い合わせくださいませ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP