骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

火縄銃の買取致します!榎並屋弥兵衛の火縄銃をご紹介!

火縄銃買取

 

広島県を拠点に
中四国にて骨董品・火縄銃の買取のことなら
新古美術文大の谷辺です。

 

骨董品の買取を当社はやっておりまして

 

茶道具や絵画、刀剣が人気ですが
こんなものもよく買取依頼がございます

↓  ↓  ↓  ↓

火縄銃売りたい

 

火縄銃【ひなわじゅう】

 

何も興味のない方からすると

 

「そんなん持っていてどうするん?」

 

と言われそうですが、

 

これがですね、根強いマニアがいるんですよ。

 

何が良いかって?

 

歴史のロマンを感じずにいられないじゃないですか?

 

ということで、動画の前に用語解説

 

===========

 

火縄銃

最も初期の肩にあてて構え発射する銃。
15世紀半ばにスペインで発明された。
火縄式点火装置で火皿の火薬に点火し,弾丸を発射する。

多くの場合,かぎ状の留め金で取り付けられた支柱から発射され,発射時の反動を支えた。(コトバンクより)

 

堺筒(さかいづつ)

堺(現在の大阪府堺市あたり)の鉄炮鍛冶によって作られた火縄銃

 

象嵌(ぞうがん)

工芸技法のひとつ。
象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味で
一つの素材に異質の素材を嵌め込む技法を指す。

===========

 

堺筒は装飾が美しいものが多いので
コレクター好きの品が多いです。

 

ということで動画で火縄銃をご紹介します

↓  ↓  ↓  ↓

 

いかがでしょう?
江戸から令和まで残って来た
歴史の息吹が感じられましたでしょうか?

 

文大では骨董品の他に
火縄銃や刀剣類、武具などの買取も行っております!

 

広島県だけでなく
岡山県や鳥取県、島根県、山口県へも
出張買取致しますので、

 

気になる方はまずはお電話くださいませ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です