骨董品・美術品の買取専門店、広島県福山市の新古美術文大。鑑定料/査定料無料 茶道具・陶磁器・刀剣類・掛け軸・現代アート・絵画・アンティーク等、幅広く買取。 広島県内、岡山県内を中心に全国に出張買取にお伺いしております。蔵の片づけ等の大型買取にも対応。
新古美術文大
084-982-7778
10:00~19:00

一瓢斎の蒔絵、茶道具の棗をご紹介!

 

骨董品の出張買取&LINE査定なら
新古美術文大の谷辺です。

 

最近、茶道具の買取が増えていまして

 

当社のホーム広島県はもちろんのこと
岡山県や鳥取県、、山口県などからも
茶道具の買取依頼が増えております。

 

なので

 

ご依頼いただければ

 

岡山県や山口県などでまとめて予定を合わせて

 

出張買取致しますので
お早めにご依頼ください。

 

さて、今回ご紹介させてい頂くのはこちら

 

↓  ↓  ↓

 

茶道具買取り

 

金蒔絵が施された

 

棗【なつめ】

 

抹茶を入れる入れ物で一瓢斎(いっぴょうさい)が作ったものです。

 

岡山茶道具買取り

 

おそらく松原が描かれたものでしょう

 

ため息が出るくらいきれいな金蒔絵ですね。

 

ということで動画の前に用語解説

 

=======

 

蒔絵【まきえ】

漆器の表面に漆で絵や文様、文字などを描き、それが乾かないうちに金や銀などの金属粉を「蒔く」ことで器面に定着させる技法。
wikipediaより)

 

一瓢斎【いっぴょうさい】

京都の蒔絵師。江戸後期一瓢斎長兵衛にはじまり、現在8代目。

 

鵬雲斎【ほううんさい】

茶道裏千家十五世家元。大正12年(1923)京都生。十四世家元淡々斎宗室の長男。
コトバンクより)

 

書付箱【かきつけばこ】

茶道の家元や高僧などが作品の品名を書いた箱のこと。
これがあると価値が上がります。

 

==========

 

 

それでは、一瓢斎の茶道具棗を動画でご覧ください

 

 

 

文大では抹茶道具はもちろん
煎茶道具の買取も致します!

 

あ、そういえば
使い方はよくわからないけど家にあったな・・・

 

という方は是非お問い合わせくださいませ!

 

中国地方(広島・岡山・山口・島根・鳥取)
四国地方(愛媛・徳島・香川・高知)

 

にも出張いたします!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP